やらせレビューの発見方法

Amazonで散見される「やらせレビュー」の発見方法をまとめます。

Amazonのやらせレビュー依頼の流れと該当レビュー発見方法

Amazonで商品を探す時にレビュー評価を参考にしている人は多いと思います。聞いたことがないメーカーの商品でも「レビュー数が多い」「平均で星4~5」であれば思わず「買っても大丈夫かな」という気持ちになってしまうのではないでしょうか。

しかしながら、レビュー数と高評価を両立するのは決して簡単なことではありません。

Amazonに出品する事業者、特に新規事業者はそもそも知名度が低いためレビューの数を獲得するだけでも大変です。その上で、高い品質やコストパフォーマンスが前提となってくる高評価を維持するとなれば、その難易度はグッと上がってくるはずなのです。

本来であれば地道に販売実績と信頼を積み上げながら、ブランド力と知名度を高めていくべきなのですが、それを表面上とはいえ手っ取り早く手に入れる方法が存在するのです。それが「やらせレビュー」です。ひと昔前に流行った「ステマ」と同じです。

この方法を使うと、新規事業者が喉から手が出るほど欲しい「ベストセラーマーク」「レビュー数」「星5評価」を一気に獲得することができてしまうのです。米国Amazonでは問題視され規制が強化されていますが、日本ではまだ対策が追い付いていないというのが現状のようです。

今回、そのやらせレビューがどのような流れで行われているのか、またそういったレビューの見分け方について書いてみたいと思います。Amazonをよく利用している人は商品を買う前に「これは本当に正しい評価なのか」を今一度チェックしてみて貰えれば思います。

 

事業者はどうやってレビュアーを探しているか

最初に知っておいて欲しいのは、事業者がどのようにしてレビュー依頼先(Amazonレビュアー)を探すのかということです。一番メジャーな方法がAmazonのプロフィール、次にTwitterFacebookです。

Amazonのプロフィールについては、その存在を知らない人の方が多いと思います。ログインした状態で以下のURLにアクセスすると、自分のプロフィールを設定できるようになっています。

https://www.amazon.co.jp/profile

ここにメールアドレスやSNSなど連絡先を記載した後、Amazonの商品にレビューを投稿していくことで、自分のプロフィールが他の人の目に留まるようになっていくのです。事業者はこのプロフィールに登録されているメールアドレスを収集して、そのアドレスリスト宛に依頼のメッセージを一斉送信してくるのです。

レビュアー様

はじめまして、アマゾンの売り手、鈴木と申します。
弊社の和風スタンドを無料で試していただきたいので、ご連絡させていただきます。
もしご興味がありましたら、試して頂けませんでしょうか?
実際にご使用になりました後、製品に関するレビューを書いて頂ければ幸いです。
また、弊社はPaypalという支払い方を採用していおります。

写真はこちらでございます。

その他、レビューサイトからの招待メールというアプローチもあります。その一例が以下の「mogamivine」というレビューサイトです。

http://www.mogamivine.com/

このサイトに登録すると、現在レビュー可能なアイテムがリスト表示されており、申請・承認というプロセスを通すことでAmazonの商品をレビューすることができます

サイト運営側は正当なレビューであれば問題ないと述べているようですが、無料で商品を提供される以上は高評価にバイアスがかかることは間違いなく、グレーに近い黒ではないかと思います。

やらせレビュー依頼の流れ

具体的な流れは前項のメールにある通りですが、分かりやすくまとめてみます。

Amazonで商品購入
②注文番号の共有
③レビュー投稿(星4~5が必要)
④レビューURLの共有
Paypalで返金

事業者にとっては「自腹で購入する」という立て付けにすることがポイントのようです。以前はAmazonのギフト券を提供することによる無料サンプル提供&レビュー依頼という方法が規約上許されていましたが、今は規約上NGです。Amazonの目が届かないようにレビューを書いてもらう方法として今の流れに至った模様です。

ただAmazonも怪しいと思いはじめたのか「カートに入れて即購入」「購入後すぐにレビュー投稿」するレビューアカウントや対象商品についてはチェックしているようです(機械的に監視しているのか人力でチェックしているのかは分かりません)。

そこで業者側も「検索キーワードを入れて商品を探して下さい」「カートに入れて○○時間後に購入して下さい」「競合製品をいくつか見た後でカートに入れてください」といった細かな要求をするようになってきているようなので、Amazonのチェック精度がかなり高くなってきているものと思われます。

そこまでの手間をかけて商品を無料で提供するということは、事業者側の負担もかなりのものになるはずですが、それでもやらせレビュー依頼が今なお続いているということは、それだけAmazon上でのレビュー評価が重要だということでしょう。無料で提供する数を増やせばベストセラー入りもしますからね。

Twitterで依頼をしてくるパターンも散見されます。Twitterで「Amazon レビュアー」や「レビュー募集」といったキーワードで検索するとそれらしき事業者がたくさんヒットします。彼らをフォローすると向こうからメッセージが届くというわけです。

Facebookについてはレビュー用のFacebookグループが存在しているので、そこに参加して依頼を受けるという流れになります。TwitterFacebookは自発的に動かないとコンタクトが発生しないため、今のところ主流の方法ではないように思います。

 

やらせレビューの発見方法

次に、やらせレビューの依頼を受けて投稿したレビューの発見方法を書いておきます。まず最初に、やらせレビューが多い商品カテゴリというものがある(私の知る限りになります)ので、まずはそのカテゴリの商品は怪しいと思いながらチェックしましょう。

やらせレビューが多い商品

以下のリストは、実際に事業者から届いたレビュー依頼のメールにあった商品をピックアップしたものなので、やらせレビュー率は高いはずです。それぞれAmazon検索結果へのリンクを貼っています。例えばサングラスなどを見てもらえば異様な雰囲気を分かってもらえると思います。

これらのリストは一例で他にも数多くの商品がありますが、総じて言えるのは価格が1000円台~5000円台前後の商品が多いということです。あまり高額な商品だとレビュー数を稼げない上に、事業者側の負担も大きくなりすぎるからではないでしょうか。

これらのカテゴリの安価な商品、かつ無名なメーカー(ほとんど中国)である場合は疑ってかかった方が良いでしょう。ほぼ間違いないと言っても良いと思います。では、そこからやらせレビューかどうかをチェックする方法を深堀りしていきます。

(1)発売間もないのにレビュー件数が多い

有名メーカーやブランドの商品であれば分かりますが、明らかに日本では無名のメーカー品が一気に売れることはまずありません。発売間もないのにレビュー数が多い場合はやらせレビューで一気に稼いだ可能性が高いです。

※業者が「購入してしばらくしてレビューするように」と依頼をするケースが出てきているようなので一概には言えませんが、可能性は非常に高いといえるでしょう。

(2)星5だらけでマイナス評価が無い

健全なレビューであれば星2~5まで評価が分かれるはずです。いくら良い商品でもレビュアーは主観でレビューしているので、星2や3はいくつかあるはずです。やらせレビューは業者から星4か5を依頼されている場合が多いので自然と高評価になっています。

(3)画像のパターンが一様

レビュアーの投稿する画像が似ているのもやらせレビューの特徴です。パッケージの中身から本体のアップ写真まで、といったものが多いです。なぜなら、実際に使わずにレビュー投稿だけして、その後で商品をメルカリやヤフオクで売りさばくためです。

実際にガッツリ使ってレビューを書いてしまうと商品を売れなくなってしまうから。画像なしレビューでも差しさわりのない絶賛コメントのものは、まず間違いなくやらせレビューです。普通に考えて、簡単なコメントしか書かないのであればAmazonにレビュー投稿すらしないはずです。

(4)購入している商品に統一感がない

やらせレビューをしているレビュアーの名前をクリックすると、その人が投稿しているレビュー一覧をチェックできます。明らかにバラバラな商品カテゴリーにレビューを高頻度で投稿している人は、まず間違いなくやらせレビュアーだと言っても良いです。

(5)出品者の評価が異常に高い

商品を購入すると出品者に評価を付けることができますが、この評価が異常に高い場合も疑った方が良いでしょう。具体的には「過去12ヵ月間で100%が肯定的 (評価:2024)」など書かれている場合です。

自分が良いと思う商品を買ったとして、わざわざ販売者に良い評価を付けようと思うことが果たしてどれくらいありますか?少なくとも私は思いません。この評価も事業者から依頼されるのです。

やらせレビューを見つけたら

明らかに怪しい場合は「違反を報告」を押しましょう。むやみやたらに押すのは良くないですが、Amazonもやらせレビュー問題に頭を痛めており、怪しいレビューへのフィードバックであれば参考意見として重宝してくれるはずです。

私も見つけ次第ポチっとするようにしています。微力かもしれませんが、これによって怪しい業者とやらせレビューが減れば、より健全な環境で買い物ができるようになると思います。ぜひご協力をお願いします。

 

やらせレビューのチェックが終わったら?

思う存分Amazonの買い物を楽しみましょう!

毎日のようにAmazonをチェックしている人でも、まだまだ気づいていない"本当にお得な商品"や、便利グッズがたくさんあるのです。「え、今更雑誌?」と思うかもしれませんが、意外とこういう雑誌が参考になります。

Amazon超活用術! 2018 (洋泉社MOOK)

Amazon超活用術! 2018 (洋泉社MOOK)

 

私も時々参考がてら読みますが、年100万円ぐらいはAmazonで買い物している私でも「全然使いこなせてないな」と毎回のように痛感します。 

その中の一つがクレジットカード決済です。毎回クレジットカード決済している人がほとんどだと思いますが、実はとっても勿体ないのです。マイレージを貯めているなど目的があれば別ですが、そうじゃない人はAmazonカードでAmazonギフト券を購入して、そのギフト券で買い物するのがベストです。

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック

 

Amazonポイントが還元される他、クレジットカードの利用明細が長くならない(ヘビーユーザーならではの悩み)という地味に嬉しいメリットもあります。毎月の明細チェックが簡単になると楽ですからね。これ、かなりおすすめです。こちらも合わせてチェックしてみて下さい。